睡蓮

現実逃避というのは僕が昔からよくやることです。


今日こんなに更新が多いのもまぁ言えば現実逃避かも。


その現実というのはテストなんですけどね。


今日は誰でも出来る現実逃避を紹介しようと思います。

みてくださいこの写真。



b0184988_2301132.jpg

b0184988_2303863.jpg
b0184988_230481.jpg



素晴らしい!

なんということでしょう(劇的前後風)

素晴らしい睡蓮鉢!

さらに、こちらの睡蓮鉢はですね~


コーナンで睡蓮を購入、帰宅後セッティングをして水を入れ、写真撮影をする。

この全ての工程にかかった時間がなんと50分!!


パチパチパチ~

「速い~」

「でもね、花山院さん、現実逃避にしては少し時間が少ないんじゃないですか?」


そうなんですよ~

もっと時間つぶせると思ったのに、すぐ終わってしまった・・・


メダカとか生き物を入れるとややこしいので入れていませんが

睡蓮にもれなくタニシがへばりついていました。

まぁタニシなら水の浄化作用もあるしいっかな~。


ということで、


途中まではテレフォンショッピング風にいこうと思ったけどやっぱりやめた日記でした~。


昔はテレショップよく見てたな~


住商とかオークローンとかトーカ堂とかプライムショッピングね。
ジャパネットは僕の好みじゃなかったな。電化製品ばっかりだからね。

フィットネス器具のテレショップについては
プライムショッピングにて「アブトロニック」が発売されたとき
その終焉を見た気がしましたね。
僕はこれが発売されたとき絶望しました。
なぜかと言うと、今までのフィットネス器具の枠組みを根本からぶっ壊す商品だったからです。
「アブトロニック」って言うのはお腹に巻いた機械から電気が流れて、自分は運動しなくてもそれをまいているだけで筋肉が鍛えられるという機械なのです。
それを見た瞬間

「それをやっちゃ~おしまいでしょ。」

と絶望しました。この商品のせいでテレショップが面白くなくなるな~と。


世間では結構話題になった?商品でしたが僕はこの商品が大嫌い。
僕の楽しみを奪った張本人だからね。

まぁでも人間の欲求というのはそういうものかもね。
何もしないでも鍛えられるならそれに越したことはないからね。

僕の勝手な観測では、フィットネス分野のテレショップ商品の最盛期の商品といえば
やっぱり「アブフレックス」でしょう。
これは何とも「バックトゥーザフューチャー」的な外観で(僕の主観)視聴者を魅了したものです。
腹筋というよりむしろ腕の筋肉を鍛えているのでは?という疑問を全員に抱かせる商品ですが
それはそれは面白い商品でした。
まぁ他にもこの「アブフレックス」を筆頭に、
クロスカントリースキーの動きで全身の筋肉を鍛えるマシンとか
まがった鉄パイプを背中にかまして腹筋するマシンとか、
それはそれは様々なアイデアで
体を動かすマシンが開発されていたわけです。
このバラエティに富んだ機種や、
その宣伝文句。
また、たいしてコンパクトになってないのに無理やりベッドやソファーのしたに押し込んで
「キャーワー」と効果音が入るのが面白かったわけです。


それが「アブトロニック」の出現ですべてが変わってしまった。


どんなに魅力的な動きをするマシンを開発したからと言って
それは自分で運動しなければならない。


一方「アブトロニック」なら自分はおなか周りにアブジェルを塗ってマシンを腰に巻くだけ。


これではどう考えても他の商品は太刀打ちできない。


「てゆ~か~。アブトロニック使ったらよくね??」
と、どの商品についても言えるようになってしまうからです。


アブフレックスをおなかに当ててギコギコする時代は終わったのです。


まさにJ.S.バッハが多声的な音楽を完成させてしまったがために、その後多声的な音楽を作る人がいなくなったのと同じですね。



僕の予想は大的中。
「アブトロニック」以降フィットネス器具のテレショップは衰退していきました。
また、アブトロニック自体も副作用が指摘され衰退していきました。
結局「アブトロニック」は僕の好きだったフィットネス器具テレショップの世界をズタズタにし、
自身も消えていったと。


その後はたいして面白い商品もなく
トーカ堂の貝パールネックレスやショップチャンネルのキュービックジルコニアを見る日々。

まぁ僕も
ショップチャンネルで、一年間雪に埋もれていた大根を使って漬けたキムチは買ってしまいましたが・・・


そして世間では「ジャパネットたかた」がちやほやされ始めた。


なんかな~
僕の中では電化製品のテレショップは一番面白くない部類(チャンネルを変えるタイミング)なので
ジャパネットが悪いとはいいませんが、
テレショップの本当の面白さ、かつてフィットネス器具が隆盛していたころのプライムショッピング、「ローリキット」なる意味不明な工具入れを紹介するオークローンマーケティングの面白さをみんなに知ってほしかったというのが僕の思いなのです。

ローリーキットなんて深夜にあれだけ宣伝していたのに、
今やググってもヒットするページは上記のページくらい
あー悲しい。あの面白さはもう星になってしまった・・・


中に入れた釘やネジ、ハンマーがどんなに揺らしてもグシャグシャニならないとか言ってペンキ屋のペンキ混ぜ気で高速振動を与える実験をしたり、アメフトチームにローリーキットでアメフトをしてもらったりして、その後ふたを開けたら
あらま~、全然くちゃグチャになってない!!とか言うのを一時間半くらい延々とやっていたんです。

今そんなテレショップやってないもんな~。

はー。

今日もまた長文を書いてしまった・・・


現実から逃れたいという気持ちが僕を饒舌にする~。

はー・・・
[PR]
by huashanyuan | 2009-07-24 00:17 | 日記


<< 天神祭 任侠ヘルパー >>